包茎手術後の痛みは耐えられるのか?

熟練の包茎手術医

包茎の治療をしたいと考えている男性も多いです。しかし、包茎手術の痛みが気になってしまって、躊躇していると言う方も少なくないようです。包茎手術と言いますと、陰茎にメスを入れることがほとんどですので、想像するだけでも背筋がぞわぞわとしてしまう男性も多いはずです。実際のところ、包茎手術を行う時には基本的に麻酔をかけて行うことになりますので、基本的に痛みを感じることはありません。

 

また、手術を執刀することになる医師もきちんと麻酔が効いているのかを、念入りに確認してから手術を行うことになります。ですので、部分麻酔の場合には、手術中は陰茎に何かが触れているかと感じるくらいの感覚です。私の場合は縫合の際に糸が通されている感じがなんとなくわかり少し気持ち悪かったです。手術方法によっては全身麻酔をされることになりますので、この場合は手術中に痛みや違和感を感じることは全くないと言っても良いでしょう。

 

包茎手術で痛みを感じるとするのなら、手術の前後であると言えます。手術を受ける時に部分麻酔である場合では、陰茎に麻酔薬を注射する必要があります。この麻酔を注射する時に、ちくりとした痛みを感じることがあります。しかし、近年では注射をする前に皮膚麻酔といって注射をする皮膚の部分だけを麻酔してくれるようになっており、なるべく痛みを感じないように配慮してくれています。

 

手術後の痛みが一番心配!

手術後の痛みと言うのは、術後数時間経過してから麻酔が切れた時の痛みです。多くの場合、包茎手術を受けた時の痛みはこの麻酔が切れた時が最も痛みを感じる時だとされています。しかし、痛みの感じ方には個人差が大きく一概に言うのは難しいのですが、人によってはさほど痛みも感じず、術後1日も経過すると痛みがなくなったと言う人もいれば、術後2週間ほど経過しても痛みが続くと言う人もいるようです

 

この時の痛みとしては、激痛が走るといったものではなく、じんじんとした響くような痛みだそうです。基本的に手術を行った医療機関では、必ず痛み止めの薬を処方してくれますので、痛みに弱い方はあらかじめ痛み止めを服用しておくと良いでしょう。痛み止めで腹痛が起きたり下痢になったりする副作用が出る方もおられるようです。心配な方は事前に医師に確認しておきましょう。

包茎手術後の勃起時の痛みを極力避ける方法とは?

熟練の包茎手術医

包茎手術後の痛みについては誰もが経験する事です。全く感じないという方も中にはいますが、切除して縫合しているわけですから多少は痛むのが普通です。私自身も痛みは感じました。ただ、割と少ない方だったと思います。2日目以降は痛み止めも飲まないくらいの痛みでした。

 

包茎手術後に一番痛みを感じるのは、勃起したときです。傷口が拡げられるので、それで痛みが走ります。これに関しては、ある意味不可抗力と申しますか、勃起する気がなくてもしてしまうのが普通ですし、避けられないと言えばその通りです。

 

ただ、体験者の声を見ていると、寝ている時に勃起して痛みで飛び起きてしまう、といった書き込みが多いです。寝るのが怖いくらいだって感想を書いている男性もいます。これに関してですが、寝ている間に勃起するのは性欲が溜まっているからだと考えられがちですが、あながちそれだけではありません。

 

寝ている時に勃起するのは、尿が膀胱に溜まることで刺激が起きて、それで勃起すると言われています。つまり、寝る前の1時間は水分を摂らず、かつ用を足してから寝るようにすれば極力睡眠中の勃起を避ける事が可能なのです。勿論、絶対ではありませんが知っているのと知らないのとでは勃起率は全然違うでしょう。ちなみに、睡眠中に限らず日中も小まめにトイレに行って用を足しておくようにすると良いですね。

 

今現在、タイムリーで術後の痛みと闘っておられる方もおられるでしょう。包茎手術を決意した以上は、覚悟して乗り切るしかないのが現実です。その痛みに耐えれば、その後は包茎で悩む事のない人生が待っているでしょう。包茎でウンザリする事もないですし、時間が経てば記憶からも薄れていくほどの事です。私自身も術後の痛みは正直なところあまり記憶に残っていません。

 

包茎手術の痛みが怖くて、手術以外での治療を試みる人がいます。まずは自分でどうにかしたい!そう思うのが人情でしょう。しかし、ネット上で出回っている包茎の治療法、特に仮性包茎の治療法に関しては胡散臭いものが多く注意が必要です。危険極まりない方法を使い包茎が解消されたと喜びの声をネットにアップし、それを真似して手痛い目にあっている人が増えているようです。包茎の人の殆どが仮性包茎だと思います。変な情報に振り回されないように注意しましょう。参考:仮性包茎手術と危険な治し方【非推奨】

包茎手術後の性行為はいつから出来る?

包茎手術を行う上で気になるのは、術後いつから性的な行為を行っても良いのかということではないでしょうか?当然、手術の痛みも気になるところでしょうが、男性ならどうしても気になるのが性行為に関することでしょう。自慰行為も含めての性行為なのですが、基本的に術後すぐに行うことは出来ません。

 

包茎手術後すぐに性行為を行ってしまうことで、傷口も開きやすくなってしまいますので、我慢が必要だと言えます。性行為の前に勃起すること自体が良くありませんので、なるべく性的な刺激を受けることは避けるようにしておきたいところです。ちなみにどのくらいの期間我慢しないといけないのかと言いますと、一般的には抜糸が終わるまでとされています。

 

しかし、抜糸が終わったとしても傷口の状態などによっては、医師から禁止されることもありますので、一概にどのくらいの期間とは書きにくいものがあります。大まかな目安としては、短い方でおよそ一月ほどは我慢することになると考えておくと良いです。ただし、あくまでも目安ですので、さらに長い期間性的な行為を行うことが禁止される場合もあります。

 

陰茎に痛みや違和感などが残っているような状態で性行為を行ってしまうことで、傷口が開いてしまうのは勿論ですが、見た目が悪くなってしまったり、再度手術を行わないといけない状態になることもあるので、十分に注意しておきましょう。特に若い男性ですと、一か月と言う期間我慢するのは難しいかもしれませんが、上で書いたように再度手術をしなくてはならなくなってしまうと大変です。

 

一月を過ぎても禁止されていて、どうしても我慢出来ないようであれば、医師と相談をして適宜行っていくようにして下さい。くれぐれも自分の判断で性行為を行うことは避けておきましょう。この点は辛いかもしれませんが、せっかく綺麗に手術をしたのに、見映えが悪くなっては勿体ないとでも考えて、我慢するようにして下さい。パートナーがいる場合ですと、事情を話しておいて理解して貰っておくと良いでしょう。

 

個人的には一時の我慢が出来ない事で、またペニスに関する悩みが出来る可能性がある!そう思ったら大人しくしておこうと割り切れました。不可抗力的に朝立ちなどしてしまい、痛みが走ることは避けられませんが、それ以外の自制が効く分には努力するのは当然だと思います。